事前準備が大事!就職活動の成否はそこで決まっている!

就職活動をするときには自分の棚卸をする

自分の人生を振り返ってみて、どんな職業が合っているのかを考えてみます。人生で影響を受けてきた出来事や人物などを書き出して、どのような人生を送りたいかを思い描きます。その人生の中でどのような職業が自分に合うかを考えるのです。始めからなりたい職業がある人はあまりいないかもしれません。それが普通なのですから、根気よく自分の好きなことや得意なことを列挙していきます。好きなことを職業にできたら、かなり人生が楽しくなります。好きなことを職業にできないとしても得意なことを職業にすれば、就職した後も上手く仕事ができる可能性が高くなるのです。

就職したい所をしっかり絞る

自分がどのような職業に就きたいかを考えたら、働く場所を選びます。就職するために必要なことがあれば、しっかり調べておきます。企業によってはインターンシップを採用していることもあるので、就職したい企業が決まっているなら参加すると良いでしょう。インターンシップに参加していると就職には有利になることもあるからです。企業によって風土や文化が違いますので、しっかり調べておくことが大事です。

就職したいという熱意を伝えることに重点を置く

自分がなりたい職業が決まり、行きたい企業も決まったら、ひたすら入りたいという熱意をどう伝えるかを考えておきます。始めの履歴書を送るところからポイントはあります。熱意を込めて履歴書を書くと、相手にしっかり伝わります。履歴書はラブレターだと思って、考え抜いたものを送ると良いでしょう。面接ではアピールポイントを絞って、その企業が欲しいと思える人物であることをアピールします。そのためには下準備として何度も練習することが大事です。練習をしていないと簡単にぼろがでてしまいます。

新卒紹介とは、公共職業安定所や人材紹介会社が、そこにエントリーしている新卒予定の就職希望者と企業側の求める人材とをマッチングさせて、齟齬なくスムーズに採用できるよう手助けすることです。