普通の医師とは違う?産業医とはどんな医師なのか

産業医とは企業医師のこと

産業医は医療機関に勤めている医師とは異なり、企業と契約してその企業に勤めている医師の事を指しています。

主な仕事は契約している企業に努めている従業員の健康管理で、定期的な健康診断のほかにもカウンセリングやメンタルヘルスの管理を行なっています。そして必要があれば専門の医療機関を受診するように助言や指導を行い、従業員が健康かつ快適に仕事ができるようにサポートする存在となっているのです。

産業医のメリットとは

産業医を利用するメリットとしては、専門的な知識がない従業員が医療機関を受診するべきかどうかを判断してくれるところにあります。特に近年問題視されているメンタルヘルスに関しては専門的な知識がないと病気かどうかの判断もつきませんし、業務にも支障が出てきます。

そのため産業医に診断してもらって適切な対処をするので、本人だけではなく職場全体の業務を円滑に行なえる環境を維持できるようになります。また過労死や自殺、休業者を未然に防ぐ効果もあるので非常に重要な存在となっています。

産業医は主治医ではない

産業医を導入する際の注意点としては、産業医は主治医ではないため医療行為が行なえません。そのため主治医として必要な処置を行なうのではなく、あくまでも企業や従業員にとってどのような影響があるのかを考えて必要な処置を企業側に助言もしくは指導する立場にあります。

つまり産業医に相談したら何らかの薬や処置を受けられるわけではないため、あくまでもアドバイザーとして導入を検討するのが大切です。

企業の働き方改革で、メンタルヘルスや過重労働対策など、従業員の健康管理の徹底化が叫ばれており、企業と契約する産業医の募集は幅広く行われています