緩く働きたい医師へ!非常勤でも稼げる現代社会

非常勤でなら緩く働ける

常勤医師として病院に勤めるのは医師のキャリアとしては王道です。そのままその病院で働き続けたり、キャリアを十分に積んだ段階で独立して開業医になったりする将来のキャリアを考えることができます。しかし、概して人材不足が著しくなっているのが病院の現場の状況であり、かなり厳しい労働条件で働かなければならないのが一般的です。開業医になっても同じことであり、しっかりと稼ぎを上げていくためには実労働時間は長くなってしまいがちになっています。しかし、もう少し緩く働いてワークライフバランスを保ちたいと考えたら選択肢はあり、非常勤で働くことが可能です。現代社会であれば医師は非常勤で働くことにより厳しい労働条件から脱却できます。

医師の不足と募集のあり方

医療の必要性が上昇しているのに反して医師の数は伸び悩んで不足しているのが現代社会の実情です。そのため、医師の不足を補うために非常勤の募集を行っている病院やクリニックは多くなりました。常勤と異なるのは労働条件の自由度の高さや幅広さであり、シフト制になっていて週に3日程度から働ける待遇もあれば、土日のみ、平日の昼間のみといったものもあります。時給制のことがほとんどですが、その時給も2000円ということすらほとんどなく、場合によっては5000円以上の高待遇の場合もあるのが現状です。人材が足りていないからこそ積極的な募集をしなければならない状況があり、非常勤の待遇は高くする傾向が強まっています。

常勤医と比べ医師のバイトでは、負担の大きいケースを任されることは少ないため、家庭やプライベートと両立することができます。