タクシーの求人は他の職種に比べて多いです!

人材会社に登録して求人を紹介してもらいましょう。

タクシー会社の求人を探すには就職サイトや転職サイトに登録することが一般的ですが、おすすめしたい方法は人材会社に登録することです。人材会社に登録していると、求職者の希望とマッチングする求人を数多く紹介してくれます。中には非公開求人というものもあり、その人材会社でしか扱っていない求人もあります。自分で求人を探すのも大切なことですが、一方で人材会社から紹介を受けるのも、企業と求職者の間のミスマッチが起こることもありませんので、おすすめです。

タクシー業界は売り手市場

近年はタクシー会社を利用する人は多いです。営業職の人間は顧客訪問をするときにタクシーを利用することがしばしばです。社用車で向かう営業もいますが、安全性を重視して近年は交通機関を利用することが増えています。また、高齢化社会が進むにつれて、時代のニーズに対応するために介護分野にも進出するタクシー会社が増加しています。こうした背景もあることからタクシードライバーの求人は安定的に出されています。むしろ、売り手市場になっています。したがって、タクシードライバーは基本的な年齢制限がありません。他の業界であれば転職は35歳までというのが一般的ですが、タクシードライバーの場合は40代でも50代でも転職可能です。実際に、統計を見てみると、40歳以上の人がタクシー運転手の約半分の人口を占めます。50代の人はそのうちの25%です。中高年であっても働くことができる環境ということです。

ドライバーの求人はバスやタクシー、トラックなどがあります。特に高速道路を走るような長距離ドライバーは人手不足のため、常に募集されています。